葛西駅近の整骨院 接骨・ソフト整体・マッサージの治療

Topページ > この時期に多い「寝違え」どうしたらいいの?

この時期に多い「寝違え」どうしたらいいの?

この数日間はかなり暖かくなって来ました。

 

そこで増えているのが首や背中の「寝違え」です。

 首の痛み

患者さんの中には「こんな時期に寝違いなんて起こるの?」と不思議に思っている方もいます。

 

一般的には暖かい気候では体の故障が起こらないイメージが有る様ですが、問題なのは温度差なんです!

 

「体が温度差について行けないこと」と「寝具や寝巻が対応出来てない」のが原因なんですね。

 

季節が変わる時には徐々に変わることは有りません。

 

実際は寒さ・暖かさを繰り返し不安定な気候を経て季節が移行して行きます。

 

急に暖かくなるとまず暑いと感じて薄着になり、その後温度が下がった時でも薄着をしていて体を冷やすと云うことが起こります。

 

それから急に暖かくなっても寝具や寝巻を取り替えるのが面倒だと感じる方もいると思います。

 

その為に寝苦しく寝返りが多くなったり、寝てる間に布団を剥いでしまうなんてことも起こります。

 

その結果、悪い姿勢で寝ていたり寝冷えをして「寝違え」を起してしまうのです。


「寝違え」は元々コリが有る筋肉が寝ている間の姿勢によって負担が掛かり、極度の緊張状態や炎症を起こして発生します!


ではこの「寝違え」を防ぐにはどうしたら良いでしょう?

 

①普段からコリを放置せず健康管理をする。

(運動する・治療を受けるなど)

 

②疲れたまま寝るのではなく、寝る前にリラックス状態を作る様にする

(部屋を暗くする、お風呂に入るなど)

 

③寝る直前に飲酒や食事をしない。

(寝る1~2時間前までに)

 

④温度に合わせて寝具や寝巻をこまめに調整する。

(この時期は厚い布団を掛けるより、薄い素材の物を何枚も重ねて掛けるのがベスト!重ねると寝返りを打っても外れにくく寝冷えの防止になる)

 

※「寝違え」の治し方は?

 

これはマッサージなどで「ほぐす」だけではダメなんですね。

 
それだけだと揉まれると痛いし治るのに時間が掛かります。
 
有効なのは無痛の「筋膜リリース」を使いほぐし
 
ほぼ必ず頸椎(首)周辺に「ゆがみ」ありますから、その部位を探しやさしく調整して痛みの原因になっている神経圧迫を除くと初回でもかなり痛みは減少致します。
 
ですから「寝違え」になりましたら早々にご相談下さい。
 
皆様ご注意を!!