葛西駅近の整骨院 接骨・ソフト整体・マッサージの治療

Topページ > ギックリ腰と腰痛どう違うの?

ギックリ腰と腰痛どう違うの?

今回はこの時期に多い「ギックリ腰」「腰痛」について、似ている様で違う両者を比較して行きます。

 

① ギックリ腰 ねんざによる急性腰痛で筋肉や筋膜に損傷がある。

 

② 腰痛 疲労による慢性腰痛で筋肉に損傷は無いが堅く緊張している。

 

という違いがあります。

 

では問い合わせの多い質問にお答えしましょう。

 

耳質問1 「痛み出したらどうするの?」

 

① ギックリ腰の場合

この場合は原因がはっきりしていてその場で動けなくなることがあります。

その時は無理をしないで安静にすると良いでしょう。

まず横になり頭に枕を当てて両膝を曲げて寝るのが楽な姿勢です。

その後は専門家に相談して下さい。

 

② いわゆる腰痛の場合

この場合は原因がはっきりせず気が付いたら痛くなっていたとか時々痛いとかと云うケースです。

このケースはストレッチとか軽い運動をするのも良いでしょう。

ゆっくり眠って疲れを取るというのもいいのでしょう。

それでも改善しない時は専門家に相談して下さい。

 

 質問2 「痛い時は冷やすの温めるの?」

 

① ギックリ腰の場合

ギックリ腰は「ねんざ」ですので基本的には冷やすのですが、例えば氷で冷やせば内臓まで冷え切って体に良くありません。

ですから「湿布」で冷やすと良いでしょう。

 

間違って使い捨てカイロを当てたり、お風呂で温めると筋肉の炎症が悪化して痛みが増すことがありますのでご注意を。

 

② 腰痛の場合

この場合は温めても大丈夫です。

つまり堅く緊張した筋肉を柔らかくすれば良いのですから体温が上昇した方が、新陳代謝が活発になり筋肉が柔らかくなります。

ただし使い捨てカイロは低温やけどの原因になることがありますので、腹巻(はらまき)をするのがお勧めですね。

暑い時期では温めるというよりは保温を心がけることです。

汗をかいたら下着を取り換えるとか、冷房で体を冷やし過ぎないように気を付けて下さい。

 

今回の対処法はあくまで予備知識ですので迷ったらすぐに専門家にご相談下さい携帯