葛西駅近の整骨院 接骨・ソフト整体・マッサージの治療

Topページ > 骨盤の「ゆがみ」ってどうなるの?①仙腸関節(せんちょうかんせつ)の話。

骨盤の「ゆがみ」ってどうなるの?①仙腸関節(せんちょうかんせつ)の話。

当院の骨盤矯正の専門外来には様々なニーズで来院される方がいらしゃいます。

姿勢を直したい、痩せたい、産後の体調管理、生理痛、腰痛、股関節痛、便秘の解消、堅い体を改善したいなど挙げたら限りが有りません!?

そこで私が日常的に骨盤矯正している症例の中からご相談の多いケースを分かりやすく解説して行きたいと思います。

骨盤後

骨盤は、左右1対の寛骨(腸骨・坐骨・恥骨を全て含む)、仙骨、尾骨で構成され、腸骨は骨盤最大の骨です。

上記の写真の中心に位置しているのが「仙骨(せんこつ)」でその左右に隣合っている骨が「腸骨(ちょうこつ)」です。

この「仙骨」と「腸骨」の間に存在している関節が「仙腸関節(せんちょうかんせつ)」と言いまして、骨盤の「ゆがみ」とは主にこの「仙腸関節」のゆがみを指します。

足の長さが違うとか姿勢が真っすぐに出来ないとかの障害はこの「仙腸関節」に関係していることが多いですね。

神経の中枢が「脳」とするならば、骨格の中枢は「骨盤」つまり「仙腸関節」に有ると言っても過言ではないでしょう。

姿勢に限らず運動機能に関しても重要な働きをしているのです。

「腰を入れる」とか「重心を腰に置いて」というのはスポーツでも日常生活でも良く聞く言葉です耳 骨盤の「仙腸関節」がゆがんでいれば「腰を入れる」とか「重心を腰に置いて」と言われても上手く出来ない訳です。

もし自分で簡単に骨盤のゆがみを調べたい場合は、床の上に仰向けで真っすぐに寝て両足を合わせてみて下さい。

またはうつ伏せで真っすぐに寝てから、足を合わせたまま膝を直角に曲げてみて下さい。

どちらもその状態で左右の踵の位置がピッタリ合わず踵の位置が違っていたら骨盤にゆがみが発生している可能性が有ります。

自分だけだと分かりにくいので、他人に見て貰うと分かりやすいと思いますよ。

少ない「ゆがみ」なら自然に回復する可能性も有りますが、明らかに「ゆがみ」の兆候が有る場合は早めに対処することが大事です。

そこから色んな症状に移行する可能性が有るからです。 どうしたら良いかお困りの方はメール・電話でもいいですからお気軽にご相談下さい!

< 森整骨院の紹介です>
東京都江戸川区中葛西3-30-11

ソレイユ101
TEL 03-3878-1026

東京メトロ東西線葛西駅から徒歩5分。

手技を中心とした技術で癒しと安心を提供します!
様々な機器による治療、整骨・ソフト整体・マッサージの施術。
「首・肩・膝の痛み」
「交通事故・肩こり・腰痛・ねんざ」はご相談を。

健康保険・自賠責・生保(医療券)・労災取扱。
交通事故(むちうち)・顎関節・骨盤矯正の専門外来あり。

公式サイト(PC/スマホからご覧の方)
http://www.moriskn.com/

HP(ケイタイからご覧の方)
http://www.moriskn.com/m/

交通事故専門サイト
http://moriskk.com/

※お子様連れてご来院頂けます!当院では「キッズスペース」「赤ちゃん用の揺りかご」をご用意しております。赤ちゃんの傍で施術を受けられます。

※院内感染防止にかぜウィルス・インフルエンザ・ノロウィルスを殺菌する空気清浄器を装備。定期的に院内を洗浄・殺菌しております。空気中の花粉やほこりも除去します!

東葛西・西葛西・南葛西・北葛西・江東区・葛飾区・浦安市・市川市・船橋市からも来院されてます。