葛西駅近の整骨院 接骨・ソフト整体・マッサージの治療

Topページ > 顎関節症の症状と原因は?

顎関節症の症状と原因は?

まず顎関節症(がくかんせつしょう)とはどんな症状なのでしょうか?

あごのサムネイル画像

主な症状を挙げると




①顎関節が動かしにくい、思う様に開かない。




②顎関節を動かす時に痛みが有る。




③顎関節を動かす時にカクンとかゴリゴリといった異音が発生する。


顎関節症とは①~③の様に顎関節の可動時に発生する「慢性的」症状の総称です。



※「慢性的」とは同じ症状が長く続いている場合を指します。



①~③の症状は単独で発生したり複合して起こります。



①~③の症状の他に頭痛・肩こり・目まい・耳の違和感などの症状を合併しているケースも有ります。



該当する症状が有れば「顎関節症」(がくかんせつしょう)の可能性が有ります。

顎関節症(がくかんせつしょう)の原因には諸説有りますが、分かり易く原因を分類してみましょう!





①習慣や癖



②ストレス



③外傷



④噛み合わせ





が挙げられます。





次に①~④を詳しく解説致しましょう。





①習慣や癖



噛み締める癖・歯ぎしり・偏咀嚼(片方だけで噛む癖)・頬づえ・うつぶせで寝る・と云う様な顎関節に負担を掛ける習慣や癖が原因で有るもの。





②ストレス



ブラキシズム(噛み締める癖や歯ぎしり)や体や顎周辺の筋緊張を誘発して顎関節に悪影響を与えます。





③外傷



無理やり口を開ける様な外力や、頭や顎を強く打つ様なケガにより顎関節を直接負傷したもの。







④噛み合せ



歯に問題が有る場合も該当しますが、この原因には①の習慣や癖、②の「ブラキシズム」もかなり関与していると云われております。





※これらの原因を総合すると後天的な要因(生活習慣・生活環境など)が主な原因ではないかと考えられます。





最近よく云われているのが次のことです。





①最近の人は硬い物を食べなくなって顎(あご)が弱くなっているので起こり易いのではないか?





②現在はデスクワークする人が多く居て、頬づえをついたり姿勢が悪くなったり肩こりになる可能性が増えて顎関節症が起こり易いのではないか?





本来の傾向としては20代~30代の女性に多く発生すると云われていますが、最近は10代以降の男性にも増えている様です!




ですから男女差と云うより最近の傾向として



①顎(あご)が弱くなった。



②姿勢や肩こりが増えた。



などの環境の変化は原因としてかなり疑えるのではないかと思います。

*******************************************************************************************
#東京 #東京都 #千葉県 #江東区 #浦安市 #市川市 #江戸川区 #葛西 #中葛西 #西葛西 #東葛西 #南葛西 #北葛西 #葛飾区 #葛西駅 #東西線 #坐骨神経痛 #駅近く #整体 #整体院 #整骨院 #接骨院 #病院 #オーリングテスト #カイロプラクティック #筋膜リリース #マッサージ #交通事故相談 #交通事故治療 #むち打ち #骨盤調整 #骨盤矯正 #肩こり #腰痛 #ぎっくり腰 #ネット予約 #クーポン #口コミ #名医 #おすすめ #スポーツ #アスリート